地獄界の夢

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュース解釈 持論暴論(165) 民主の敗因は消費税ではない

<<   作成日時 : 2010/07/15 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様こんばんは。今回は、今更ですが民主党の参院選の敗因が本当に消費税だったのかについて考えていきます。

参院選に敗北し、ねじれ国会の開幕が迫った今日この頃。
どうも与党あたりからは「敗因は消費税発言」のような発言がちらほら飛び交っています。
ただ、それは違うと思うのですよ。

確かに、あの発言がとどめとなったのは事実でしょう。
しかし、本当に「消費増税」の言葉通りの意味が敗因となったのなら、どうして自民党は躍進したのか?
これについて菅首相は「自分の発言が説明不足に思われた」と言っていますが、実はこの発言、いいところを突いています。

思い返してみてください。
去年の総選挙で、当時の鳩山民主党代表はなんと言って選挙をしていたか。
「予算の組み換えで今後四年間は消費税の議論すら必要ない」と言っていましたね。
それから一年、代表が代わり、そして飛び出したのが菅首相の「消費税議論しようぜ」発言。

菅首相は説明不足と言いましたが、説明が不足しているんじゃないんです。
まるっきり言ってることが変わったから、皆怒ってるんです。
説明不足だというなら、そこをきちんと説明できなかったことこそが不足だったんです。
消費税を上げるから怒ってるんじゃない。
議論すら要らないと言っていたくせに、どの口がそれを言うかと怒ってるんです。
説明が不足したことにではなく、いけしゃあしゃあと変節をしたことを怒っているんです!


消費税だけではありません。
「最低でも県外」と言った普天間問題は、当の鳩山前首相が結局自公案に回帰し、菅首相もそれを踏襲すると言いました。
その上で「沖縄の意思を無視しては進めない」などと言われて、何を信じられますか?
踏襲すること自体が、沖縄の意思を無視しているというのに!


変節だけではなく、マニフェストが荒唐無稽な張子の虎であったことも明らかになってきています。
今日明らかになったところでは、国家戦略室の縮小、事実上の消滅だそうです。
国家戦略室は民主党の目玉政策の一つでもあり、本来は国家戦略局という公式の組織として発足する正式な組織で発足させるはずだったでした。ところがそのためには法改正が必要であり、それが面倒だから当面は簡単に設置できる「室」にしているだけだったんです。
それが縮小ということは、元を正せば国家戦略局構想自体が、必要のないモノだったということに他なりません。
読売新聞に拠れば、

――国家戦略室長の平岡秀夫内閣府副大臣は15日の記者会見で、戦略室の今後の役割について、菅首相はイギリスの首相補佐機関「ポリシーユニット」をイメージしていると説明し、「首相直属のアドバイザリー(助言)機関になる。(今後の政策調整は)仙谷官房長官が中心になるだろう」と述べた。――

とありますが、これは事実上の諮問会議同然であり、そんなものは自公政権時代にも散々ありました。
今更モデルがどうの差別化がどうのだの、民主党の薄っぺらいプライドを守るための言葉遊びなんざ要りません。

他にも、もう一つの目玉政策反日資金流出売国法子ども手当てや高校無償化は、財源が完全に担保されているからやるんだと言っていましたが、結局両バラマキで単純増する支出を、これまた目玉政策の事業仕分けでは補填することができませんでした。
高速料金も、暫定税率も、戸別保障制度も、みんな同じ論法ですね。
そういう無計画・無責任・無鉄砲・無理無茶無謀が、最大の敗因だったのではないでしょうか?


この一年、国民の誰もが「民主党って総選挙前は勇ましいこと言っていたのに、蓋を開けてみればただのビッグマウスだったぞ?」と思っていたと思います。
それでも、「政権交代には意味がある。自民党には戻せない」と思っていたと思います。
ところがここにきて、消費増税発言。
それは堪忍袋の緒だって切れます。

しかし民主党は、その不信のほとんど全てを一人で醸成したにもかかわらず「消費増税が敗因だった」とのたまった鳩山に代表されるように、敗因は消費増税、戦犯はそれを許した党執行部というのが主流のようです。
これでは早晩菅内閣も国民の信頼を失うでしょう。
民主党がそれに気付いて、有権者の期待通りのクリーンな政党に脱皮するか。
それとも、巷間囁かれているように手前勝手な売国独裁集団のままなのか。
それが、この先の彼らの命運を決すると私は思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニュース解釈 持論暴論(165) 民主の敗因は消費税ではない 地獄界の夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる