地獄界の夢

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュース解釈 持論暴論(166) 存在自体が矛盾しているよ、菅&韓

<<   作成日時 : 2010/08/15 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様こんばんは。今回は、終戦記念日特集ということで、本日の菅首相と民団の支離滅裂な主張について見ていきます。


七時のNHKラジオによると、終戦記念日の式典で菅総理は、「植民地支配のお詫びと戦争で亡くなられた人に哀悼の意を表明した」そうです。
……日本が植民地を持ったことはかつて一度もないはずなのですが?
朝鮮併合は「併合」ですから、「植民地化」とは違います。
従って「植民地支配を謝罪」する必要はないのです。

韓国の一部には併合の合法性を問う声もあるようですが、そんなものは歴史学者が唱えれば良いのであって、政治家が取り上げるような話ではありません。
仮に日本が謝罪する理由が見つかったとしても、互いに請求権を放棄した日韓基本条約が謝罪をする必要性を否定します。
仙谷官房長官が以前ほざいた「条約とは別の道義上の問題」はあくまで個人の主張ですから、国家が採用する必要は皆無です。
というわけで、菅首相や民主党、サヨク連中の歴史認識は完全な間違いです。
そもそも併合を植民地支配とか言ってる時点で、歴史の科目落第です。
世界に知的レベルの低さを露呈するだけなので、さっさと政治家辞めて中学校からやり直せ。


菅首相の間違いの2。
どういうわけか英霊がいるはずの靖国神社を避け、千鳥ケ淵戦没者墓苑へ行ったようなのですが。
つまり菅首相の「哀悼の意」とやらには、「靖国で会おう」と散っていった英霊達は含まれないわけですね?
随分と狭量な「哀悼の意」ですこと。


間違いの3。
大東亜戦争は「間違った戦争」ではない。
日本が領土的野心を持って侵略戦争を行ったわけではないので、大東亜戦争自体は間違いではないのです。
それを言うなら、ヨーロッパの国がアジアに自国領を持っているほうがおかしい。
それらの地域で、そこに住んでいたアジア人が主権国家を持っていなかったのは何故だ?
つまり、そういう時代だっただけなのです。
時代の流れに則り戦争を起こし、そのなかでいくつかの選択肢を誤った結果負けただけであり、戦争自体はサヨクが言うような悪しきものではありません。
したがって戦争で亡くなられた方々も、邪悪な戦争に加担したわけではないのです。

余談ですが、戦争犯罪などというものも存在しない。
もし仮にそんなものが存在し、支那朝鮮が主張するように65年経っても遡って糾弾されるようなものが存在するとするならば、日本軍の戦争犯罪よりも先に米軍の戦争犯罪を指摘しなければならない。
アメリカは、イラクやアフガンでしきりに誤爆を気にしていたが、広島・長崎の原爆や各地の空襲は、誤爆でもなんでもないれっきとした非戦闘員を狙い撃った極悪非道の振る舞いです。
何百万人もの犠牲者が出ています。
こっちのほうがよほど犯罪的でしょう。
なのに、何故アメリカは裁かれない?
この事実が、戦争犯罪などというものが存在しないことを証明しています。

本論に戻って。
サヨクは、大東亜戦争を「邪悪な侵略戦争」と言っています。
であるならば、それに加担し死んでいった連中に何故「哀悼の意」を表明する必要が?
ああ、邪悪な侵略戦争を指示した時の政府の犠牲者として、憐れんでいるわけですね?
つまり、無駄死にだったとバカにしてるんだ?
なんという傲慢さでしょう!
一方では「哀悼の意」などと言っていながら、本心では「あなたたちの死は日本の歴史に何の意味も持たない無駄死にだ」と言っているわけです。
こんな扱いを受けては、英霊も浮かばれますまい。

以上が、第94代日本国総理大臣菅直人の罪です。


本日は終戦記念日ということで、日本に巣食う害虫・民団もなにやら声明を出したそうですが。
奴らの矛盾は、今日を祖国が植民地支配から解放された日と位置付けながら、一方でその侵略国で不法滞在し、その参政権まで欲していることです。
日本が奴らの祖国・朝鮮を植民地支配し、その敗戦によって祖国は解放されたと言うのなら、そして自身は強制連行の被害者だと言うのなら、何故栄光の祖国へ帰らない?
何故いつまでも、戦争当時から戦後、そして現在に至るまで侵略国に留まっている?
何故その国の参政権を欲している?
意味がわからない!
さっさと祖国に帰るが良い。

よしんば、何らかの、想像の斜め上を行く妄想によって日本の参政権が欲しいのだとすれば、朝鮮が植民地支配から解放された記念日など放棄しろ。
朝鮮人のアイデンティティを捨てろ。
日本の参政権は日本国とそれに帰属する者の物だから、朝鮮人には与えられない。
何度言えばわかるんだ? あの馬鹿ども!


と言うわけで、連日の暑さにやられたわけでもなかろうに、こういう節目には馬鹿どもが意味不明の寝言を言い出すわけです。
もうね。熱中症やら水難などで死ぬのは、こういう馬鹿どもだったら良いのに。
憎まれっ子世に憚るとはよく言ったものです。
さっさと馬鹿どもに天罰が下って、日本が本当に誇りある独立国になりますように!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニュース解釈 持論暴論(166) 存在自体が矛盾しているよ、菅&韓 地獄界の夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる