地獄界の夢

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュース解釈 持論暴論(171) 小沢一郎の大戦略

<<   作成日時 : 2010/09/01 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様こんばんは。今回は、ついに全面対決の火蓋が切って落とされた民主党代表選について考えていきます。
果たして小沢氏は、本当に自ら総理になるつもりがあるのでしょうか?


人事を巡る談合密約が噂されていましたが、それはどうやら破談になったようで。
これは喜ばしい限りです。
結局今の民主党がやっていることは権力闘争なのですから、選挙の後はノーサイド――などという爽やかなことにはならないでしょうけど、中国北朝鮮のような独裁・権力の禅譲などよりは、まぁ多少は、ほんの少しくらいは、目くそ鼻くそほどには、良いような気がしなくもないと感じる今日この頃皆様いかがお過ごしですか?

しかしまぁ、なんとも展望の開けない代表選です。
菅総理が勝っても、日本国には何の益もありません。
仮に内閣改造を行ったとしても、この全く仕事をしないニート総理に一体何が期待できます?
一方の小沢氏は、豪腕であってもカネ塗れのダーティー政治屋です。
菅総理に比べれば、良くも悪くも豪腕を発揮してくれそうな気はしますけど、だからと言ってすんなり総理大臣に戴く事は厳しいですね。


ところで、小沢氏は本当に自ら総理になるつもりがあるのでしょうか?
私は、それは五分五分かな〜……という気がします。
勝っても負けても、みんなの党渡辺氏を担ぐような気がしますね。
そうでなくても、他党の誰かを担ぐことはあるような気がします。
理由は二つ。一つは小沢氏本人の支持率が非常に低いこと。
もう一つは、現在の連立与党では誰が総理になってもねじれを解消できないことです。

まず、負けた場合。
これまで通り、小沢陣営は恐らく冷や飯食いになるでしょう。
いくら挙党一致ノーサイドと言っても、脱小沢を掲げ党員サポーターの信任を受けた菅総理が、今更小沢一派を取り立てることはないでしょう。
菅総理自身がそれを望んだとしても、自らの権力基盤がそれを許しません。
そうなれば小沢氏の政治生命は潰えます。
ならば、とかつてのように党を割ろうとするかもしれません。
計算上、民主党衆院議員を90人引き連れて自民党と合流すれば、民主連立与党から多数を奪い取ることができます。
これは、自身に近いとされる一年生議員の半数と鳩山グループ50人の半数を連れて行ければ達成できます。
まぁ、落ち目のボスについてく人間がいるのかという問題は残りますが。

では勝った場合。
小沢氏の豪腕ぶり、それに権力の正統性を考えれば、自身が立つのが筋です。
しかし、連立与党を完全掌握しても参院のねじれはそのままです。
また、反小沢の急先鋒前原・野田・仙谷グループは、離反含みのノーサイドになります。
これらの勢力が野党と結託すれば、内閣不信任案が通る可能性は排除できません。
そのような脆弱な権力基盤に、小沢氏が安穏と乗っかるでしょうか?
ならば、かつてのように大連立に踏み切ったほうが、少なくとも民主単独基盤よりは安泰に見えます。
では、その候補は谷垣氏?
私は、国民からの人気の高い渡辺氏が最有力候補だと思います。
確かに現在は犬猿の仲ですが、政界には、そして小沢氏には、かつて小沢氏を「悪魔」と罵った野中元自民党幹事長と手を組んだ前例がありますから、現在の人間関係だけで否定はできません。
可能性は高くはありませんが、0と言える根拠もないでしょう。

いずれにせよ、政局の鍵は菅総理の手にはなく、小沢氏が握り締めていることは間違いありません。


そう言えば、菅総理が小沢氏の人事を蹴ったとされる文言に、「(談合人事をすれば)総理大臣の職が続いても、私という政治家は終わる」というのがあると言われていますが。
どの道あんたの政治生命はもうすぐ終わるよ。
だって難局乗り切るだけの実力がないモンな。
私の政治活動?
そのほとんどが野党暮らしで、政府を罵ったことしかないようなやつが、さも政治活動したように言うなよな。
自分で誇りに思うほどご大層な政治活動してきたとは、国民は誰も思っちゃいないよ。
嘘だと思ったら、政権交代以前にどんな活動してきたか挙げてみ?
カイワレ風評被害起こしたりだとか、拉致実行犯の釈放署名したりとか、実は年金未納でしたとか、そんなんばっかじゃん。
総理になってからの三ヶ月だって、ただボーっと過ぎてったじゃん。おまけに円高株安で日本経済がヤバイってときに、のんきに軽井沢で高原バカンス決め込んでやがったし。
そういえばあれ、米軍潜水艦練習戦撃沈事故時にゴルフやってて危機管理がなってないって言われた森元総理と同レベルだよね。まぁ、サヨク政権の無能総理には、阪神淡路大震災で指示も出さんと他人事のようにボーっとTV眺めてた村山元総理なんて大先輩もいるわけだけど。

ともかく、政界の風雲児、庶民からのサクセスみたいに自慢できるほど、たいした政治歴じゃないよ。
そんなのは、きちんと国民が認めるような成果を上げてから言いな。
あ、朝鮮併合100年のお詫び談話は成果じゃないからな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニュース解釈 持論暴論(171) 小沢一郎の大戦略 地獄界の夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる