地獄界の夢

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ・ぬら孫・完全駄作

<<   作成日時 : 2010/09/28 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の話題がこれかよという感じですが、ぬら孫のアニメの感想です。
今日放送の回は、なんかもー、このスタッフは根本的に構成ができないんだなーというのがよくわかるエピソードでした。

作品の中核となった牛鬼の謀反のエピソードを総集編にした回だったのですが。
まず、新録のナレーションが全くエピソードを補完していないってのはどういう了見だ!?
ふつー総集編ってのは複数話数のシーンをブツ切りにしてつなぐ故に零れ落ちるストーリーの流れを補完するのがナレーションってもんだろがよ!?
それが全く意味を為してないんじゃ、新録した意味ねーだろが。
というか、ストーリーが繋がらないシーンばかりつないでる時点で完全な構成ミス。

大体、牛鬼が謀反に至った理由が入ってないから、「謀反した」という事実しか描かれていない。
総集編で「愛した組が壊れるのが許せない」と語ってはいたけど、何故壊れると牛鬼が思うに至ったかのシーンはなかった。
それはリクオが三代目にならず、組を否定してたからじゃないのか?
だったらその一コマを入れなきゃ駄目だろ。
雪女のドタバタなんか、顛末になんも関係しないだろが。
サービスカット入れて肝心のシーンが抜けてちゃ、全く意味がない!

結局、なんか美味しそーなシーンばかりを集めてつないだ結果、見た目は美味しそうなんだけど中身はない典型的な「ヤオイ(ヤマなし・オチなし・イミなし)」になってしまっていた。

本来、テキトーにつないでもナレーションがあるからそこそこ見れる・聴けるもの仕上がるのが総集編のはずなのに、それすらまともにできないってのはどういうことだ?
もはやある意味才能だぞ、これは。
監督やシリーズ構成は、ちゃんとドラマ理論を理解しているのか?
なんかもー、絶望しか感じない総集編でした。

これならその前にやってた種死の総集編のほうがまだマシってもんだ。(あれも前回の流れを全くぶった切って総集編ねじ込んだヒドイ構成なんだけど)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ・ぬら孫・完全駄作 地獄界の夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる